料理と音楽 ♪

まあ どちらも僕の場合中途半端なんですが

と申しますのも いつまで経っても
やっぱり よくわからん

でも 行き詰まる所が
なんか 何処か似てるんですよ

あっ そうそう 将棋や釣りでも
同じ事を感じました

どの道にも ある程度セオリーみたいなもんが
あると思うのですが

酢豚に入った パイナップルとか

釣れた魚に食いつく大物とか

カビが生えたチーズが美味しかったりとか

意外な例外が多過ぎます 笑

極端に申しますと

なんでもあり って事なんじゃないの?

とも思ったりしますが

決してそうでもない

はい A7th♯9thなんてコードがありますが
メジャー3度とマイナー3度が ある距離を
とれば共存出来るわけでして

砂糖と塩を同時に使う料理にも同じ思いをもつわけです

しかし これも絶妙な距離がキモなんですね

オルタードテンション
これですね

使い方を間違えたりしたら
ただのミストーン

まあ 現代では意外でも何でもなく
1つのセオリーとして通っていますが

もちろんの事 この響きを最初に出した
偉大な方々の なんだ!この緊張感のある旋律は! と感じたと思うんですよ

うははー

ソラニンとトリカブトのペペロンチーノとかが
美味しかったりして…

あかんあかん

そんな意外な例外を目指して
11/6日曜日は ピンチョス ナイト ♪

画像はイメージです

たくさん作りますよ
19:00〜 1000円で食べ放題

どうぞよろしくお願い致します ♪

おっちまーい ♪

via PressSync

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です