さよならなんて云えないよ

左へカーブを曲がると光る海がみえてくる

僕は思う この瞬間は続くと いつまでも

南風を待ってる 旅立つ日をずっと待ってる

”オッケーよ”なんて強がりばかりをみんな言いながら

本当は分かってる2度と戻らない美しい日にいると

そして静かに心は離れてゆくと

美しさ  ポケットの中で魔法をかけて

心から  優しさだけが溢れくるね

くだらないことばっかみんな喋りあい

町を出て行く君に追いつくようにと強く手を振りながら

いつの日か 長い時間の記憶は消えて

優しさを 僕らはただだ抱きしめるのか?と

まいど〜

オザケン行ってきます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする